巻き爪などの治療も可能な両国の皮膚科

国技館や駅周辺に両国の皮膚科が点在していて、皮膚に関連した諸症状や病気について対応してもらうことが可能です。


指針やじんましんをはじめ、感染性によるものとしては、ヘルペスや帯状疱疹などから、水虫などの治療が受けられますし、皮膚にできたイボやほくろ、シミやあざなど多岐にわたります。

両国にある皮膚科についての情報をまとめたサイトです。

皮膚が変化した爪に関しても対応してもらうことが可能で、巻き爪などは早めの対応が大切です。

巻き爪が起きる原因は人によって様々です。普段はいている靴が足に合わずに爪に変化をもたらしてしまうことがあれば、爪の切り方が悪く影響してくる場合もあります。

足の指先に負荷がかかりやすい運動をしている、加齢によって爪の水分量や栄養量が変化して来たり、遺伝によっても起こり得て、両国の皮膚科においてそれぞれに適した対策を行うことが可能です。

巻き爪は放置しておくとかなり、指の肉を巻き込むようになって痛みを感じたり、炎症を起こす場合もあります。



歩きにくくなってしまう前に手術をして部分的に爪を取り除いたり、プレートやワイヤーによって爪を矯正する方法などがあります。
治療が終わった後も、足の爪を深爪に切ってしまったり、合わない靴を履けばまたもとに戻ってしまう可能性がありますから、両国の皮膚科において、アドバイスをもらうようにしましょう。



爪は深く切りすぎず、先端部分は丸く切るのではなく、まっすぐに切ることが大切で、詰めの角を取らないようにすると巻き込みにくくなります。